AnyLogi
AnyLogi
ログインアカウント登録

© AnyMindGroup. All right reserved.

越境ECNov 22, 2023
Facebook IconTwitter IconLinkedin Icon

海外配送の選択肢は何がある?そのメリット・デメリットは?

海外配送の選択肢は何がある?そのメリット・デメリットは?

越境EC、つまり国境を越えた電子商取引は、グローバルな市場へのアクセスを提供しますが、物流はその成功の鍵を握ります。海外発送の手段は大きく4つに分けられ、それぞれにメリットとデメリットがあります。自社の状況に合わせて最適な手段を選ぶことが重要です。以下でそれぞれの手段を詳しく見ていきましょう。

手段①:自社の国内倉庫から直接発送

メリット:

  • 初期費用が低い
  • 即時に開始可能

デメリット:

  • 高い配送費
  • 複雑な通関手続き
  • 関税負担額の連絡が必要

この手段は、取引件数が少ない場合に適していますが、件数が増えるとデメリットが顕著になります。

手段②:対象国に自社倉庫を構える

メリット:

  • リードタイムの削減
  • 配送費の削減
  • 通関手続きの省略

デメリット:

  • 高いイニシャルコストとランニングコスト
  • リスクが大きい

大規模な越境EC事業に適していますが、初期投資が大きいため、慎重な検討が必要です。

手段③:国内の物流業者に委託

メリット:

  • 配送コストの削減
  • ミスの削減
  • 自社リソースの削減

デメリット:

  • 委託手数料がかかる
  • 柔軟な対応が難しい場合がある

中規模の越境EC事業者に適しており、物流の専門知識を持つ業者に委託することで、効率的な運営が可能です。

手段④:国外の物流業者に委託

メリット:

  • 配送コストの削減
  • リードタイムの短縮
  • ミスの削減
  • 自社リソースの削減

デメリット:

  • 売れ残りリスク
  • 言語や文化の違いによる課題
  • 物流品質の低下の可能性

大規模な越境EC事業者に適しており、現地の市場に迅速に対応することが可能ですが、品質管理やコミュニケーションには特に注意が必要です。

まとめ

越境ECにおける海外発送の手段は、事業の規模や特性に応じて慎重に選ぶ必要があります。それぞれの手段にはメリットとデメリットがあり、自社のニーズに合わせた最適な選択が求められます。越境EC市場の成長と共に、これらの選択肢を理解し、適切に活用することが、ビジネスの成功に繋がるでしょう。

AnyLogiでは手段①②③に対応しています。 ご興味のある方は下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

\ 詳細な資料やお問い合わせはこちらから /