AnyLogi
AnyLogi
ログインアカウント登録

© AnyMindGroup. All right reserved.

越境ECDec 6, 2023
Facebook IconTwitter IconLinkedin Icon

越境ECにおける翻訳の必要性 おすすめの方法をご紹介!

越境ECにおける翻訳の必要性 おすすめの方法をご紹介!

はじめに

越境EC事業は、異なる文化や言語を持つ顧客との間でコミュニケーションが必要です。また、インボイスは英語での記載が必須のため、言語への対処方法を考えなければなりません。しかし、多言語対応は多くのEC事業者にとって大きな壁となります。この記事では、越境ECにおける効率的な翻訳方法を解説します。

翻訳方法

1. オンライン翻訳ツールの利用

Google翻訳やDeepLなどのオンライン翻訳ツールは、迅速かつ簡単な翻訳に役立ちます。これらは無料で利用でき、初期段階でのコミュニケーションに適しています。

2. 専門翻訳サービスの利用

より専門的で正確な翻訳が必要な場合、専門の翻訳サービスが有効です。これらは特定の業界や文脈に精通した翻訳者によって提供され、高品質な翻訳を実現します。

3. バイリンガルスタッフの採用

自社内にバイリンガルスタッフを持つことで、直接的なコミュニケーションが可能となり、言語の壁を乗り越えることができます。

おすすめはAnyLogiの活用

機能の特徴

AnyLogiは、ChatGPTとAPIを連携して、海外向け配送に伴う配送先住所情報を英語に自動翻訳する新機能を提供しています。これにより、翻訳にかかる工数を大幅に削減できます。

導入メリット

  • 工数削減: 手動での翻訳作業が不要となり、時間削減が可能です。
  • 誤入力リスクの低減: 手動翻訳によるミスを減少させます。

まとめ

越境EC事業者がグローバル市場で成功するためには、言語の壁を乗り越えることが不可欠です。AnyLogiの「配送情報自動翻訳」機能を活用することで、海外のお客様とのコミュニケーションをスムーズにし、ビジネスの拡大を実現しましょう。

お問い合わせ

\ 詳細な資料やお問い合わせはこちらから /