AnyLogi
AnyLogi
ログインアカウント登録

© AnyMindGroup. All right reserved.

越境ECDec 11, 2023
Facebook IconTwitter IconLinkedin Icon

越境ECに最適なプラットフォームは?わかりやすく解説!

越境ECに最適なプラットフォームは?わかりやすく解説!

はじめに

越境EC(電子商取引)は、国境を越えた商品販売を指し、日本国内から海外ユーザーへの販売を可能にします。この記事では、世界各国でおすすめの越境ECプラットフォームを比較し、選定ポイントについて解説します。

越境ECプラットフォームとは

越境ECプラットフォームは、海外ユーザー向けに商品販売を行うECの基盤となるシステムです。これには「自社型EC」と「モール型EC」の2タイプが存在します。

自社型EC

自社型ECは、企業が独自のECサイトを運営する形式です。デザインや機能のカスタマイズが自由で、ブランドイメージを強く打ち出せますが、集客力に欠け、外国語対応や通貨設定などの自己管理が必要です。

モール型EC

モール型ECは、複数のショップが集まるショッピングモール形式です。集客力が高く、外国語対応や通貨設定のサポートが充実していますが、出店費用や販売手数料が発生し、カスタマイズに制限があります。

中国で人気のプラットフォーム

  1. 天猫(T-mall)/天猫国際(Tmall Global): アリババグループ運営、高い信頼とブランド力、出店保証金が$25,000。
  2. 京東商城(JD.com): 家電製品に特化、日本企業の出店サポート、出店費用$10,000。
  3. Kaola(コアラ): 若年層女性向け、化粧品・コスメ用品や生活雑貨に強い、価格が比較的安い。

アメリカで人気のプラットフォーム

  1. アマゾン(Amazon.com): 幅広い国々への商品展開が可能、リーズナブルな料金プラン。
  2. eBay: 手軽にスタート可能、低価格商品の販売に適している。
  3. メルカリ(mercari): 多種多様な商品の出品が可能、個人でも気軽に販売スタートが可能。

アジアで人気のプラットフォーム

  • Shopee(ショッピー): 東南アジア・台湾で急成長、日本語対応可能なスタッフ、初期費用無料。

越境ECプラットフォームを選ぶポイント

  1. 取扱商品との相性や対象国のニーズを確認: 自社商品が売れやすいか、ニーズがあるかを調査。
  2. コストとリソース: 出店費用、運営コスト、リソースの必要性を検討。
  3. ブランド戦略と市場の特性: ブランドイメージと市場の特性を考慮して選定。

まとめ

越境ECプラットフォームの選定は、自社の商品、ブランド戦略、目指す市場の特性によって異なります。各プラットフォームの特徴を理解し、適切な選択を行うことが成功の鍵です。

AnyMind Groupの各拠点と物流ネットワークを活用し、ブランドの海外展開を加速させます。現地で培ったEC・マーケティングの知見を活用した運用支援だけでなく、商流や物流拠点の設計も含めてワンストップでブランドの海外展開をしております。

AnyLogiでは、越境ECに関する資料を多数ご用意しています。

  • AnyMind越境EC支援領域
  • 東南アジアのEC市場について
  • 海外配送自動化プラットフォームAnyLogiとは?

ご興味のある方は下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

\ 詳細な資料やお問い合わせはこちらから /