AnyLogi
AnyLogi
ログインアカウント登録

© AnyMindGroup. All right reserved.

国内ECNov 24, 2023
Facebook IconTwitter IconLinkedin Icon

EC物流とは?特徴や課題について解説!

EC物流とは?特徴や課題について解説!

EC物流への参入を考えている方々にとって、そのプロセスや特徴を詳しく理解することは、事業成功への鍵です。EC物流は、伝統的な物流とは異なるいくつかの特徴を持ち、これらがEC事業の運営において重要な役割を果たします。今回は特徴だけでなくその重要性や直面しうる課題についても解説します。

EC物流の独特な特徴

少量多地点への配送

EC物流の最も顕著な特徴は、一般的な配送先に対して商品の数量が少ないことです。伝統的な物流では、多数の商品を一箇所に配送することが一般的ですが、EC物流では個々の顧客が注文した少量の商品を様々な配送先に届ける必要があります。これにより、配送の計画や労力、コストに大きな影響が生じ、効率的な配送計画の策定が求められます。

個別対応の必要性

EC物流では、顧客ごとの個別対応が必要です。商品の種類や数量、顧客の要望に応じた包装(例えばギフトラッピング)が必要となる場合があります。このような個別対応は、物流プロセスにおける人員の技術、包装時間、資材の選択に影響を与えます。

配達スピードと受け渡し手法の多様性

オンライン購入の便利さから、顧客の商品到着に対する期待は高まっており、迅速な配達が重要視されます。近年、配達方法の多様化(例えば、直接手渡し、置き配、コンビニエンスストアでの受け取り、宅配専用ロッカーや宅配ボックスなど)が進んでおり、これらの方法を適切に管理し、顧客満足度を保つことが重要です。

返品対応の頻度

実店舗販売とは異なり、EC物流では返品が頻繁に発生します。オンラインでの購入は、商品を直接確認する機会がないため、期待と異なる商品の到着やサイズ不一致などによる返品が起こりやすいです。そのため、効率的な返品対応プロセスの整備が不可欠です。

物流がEC事業で不可欠な2つの理由

売上とユーザーエクスペリエンス(UX)への影響

物流はEC事業において、売上とユーザーエクスペリエンス(UX)に大きな影響を与えます。顧客が購入から商品受領までの過程は、全体的な購買体験の重要な部分を占めています。重要な要素としては、商品の在庫状況、配送の速度、そして商品包装の質が挙げられます。これらが不足していると、顧客満足度が低下し、結果的に売上の向上に繋がらない可能性があります。迅速な配送と品質の高い包装は顧客の信頼を獲得し、ECサイトへの再訪問を促します。

細かい作業の負担

EC物流では、商品の検品、保管、発送といった多くの細かいプロセスが連続して行われます。これらは繊細な作業を伴い、スタッフやコストに大きな負担をかける可能性があります。特に、一般顧客を対象としたサイトでは、配送先が多く、顧客満足度を維持するためには迅速な配送が求められます。物流作業の効率化を図ることで、スタッフの負担を軽減し、売上と顧客満足度の向上に寄与します。

EC物流が直面する3つの主要な課題

ヒューマンエラーの発生

EC物流プロセスの多くは手作業に依存しているため、ヒューマンエラーが避けられません。誤った配送先の記録、商品の誤配送、ピッキングや検品ミスなどがあり、これらは顧客の不満や追加コストの原因となり得ます。ヒューマンエラーを完全に排除することは難しいですが、適切なシステムやプロセスの導入により、エラー率を大幅に減らすことが可能です。

マネジメント人材の不足

EC物流は広範囲にわたる複雑な作業を含むため、効果的な運営には高度なスキルと知識を持つ人材が必要です。しかし、これらの人材の育成や確保は時間とコストがかかり、人材不足が生じることがあります。人材不足により、出荷遅延やミスが発生し、最終的には売上の低下につながる恐れがあります。

コストの増加

EC物流におけるコスト増加は、長年の課題です。保管、搬送、配送など、各作業で発生する人件費や保管費用、さらには運送業界の問題による運送コストの高止まりが、EC事業者の悩みの種となっています。商品の種類や数量、配送地域によってコ

ストが変動し、計画通りに売上が立たないケースも多いです。これにより、コスト増加が利益を相殺することが懸念されます。

これらの課題に対処し、効率的な物流システムを構築することが、EC事業の成功に不可欠です。

まとめ

この記事では、EC物流の特徴、課題について解説しました。 EC物流とは、「電子商取引(EC)」を全体的に支える物流システムのことであり、伝統的な物流とは異なる特徴を持ちます。EC事業では、売上向上やUXに影響する、細かい作業の負担が大きいなどの理由から、物流が極めて重要な役割を担っています。今回解説した内容をEC物流の運営に役立ててみてください。

AnyMind Groupが展開する「AnyLogi」は、国内配送感覚での海外配送を可能にするプラットフォームです。配送会社のアカウント登録、送り状の発行、インボイス作成、集荷依頼といった一連の流れをワンストップで実現します。また、送料関税の表示や住所の英語表記を自動翻訳する機能により、手間を大幅に削減。わずか1時間での導入が可能です。AnyMindが持つ豊富なグローバル知見を活かし、越境ECの経験や知識がない事業者も、安心してビジネスを展開できるサポートを提供しています。

AnyMindは、越境ECに関する資料を多数ご用意しています。

  • AnyMind越境EC支援領域
  • 東南アジアのEC市場規模
  • 海外配送自動化プラットフォームAnyLogiとは?
  • 海外配送における注意点

ご興味のある方は下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ

\ 詳細な資料やお問い合わせはこちらから /