AnyLogi
AnyLogi
ログインアカウント登録

© AnyMindGroup. All right reserved.

お役立ち情報Dec 12, 2023
Facebook IconTwitter IconLinkedin Icon

EC運営を効率化する自動出荷システムを3つご紹介!OMS・WMS一体型のメリットは?

EC運営を効率化する自動出荷システムを3つご紹介!OMS・WMS一体型のメリットは?

EC業務を効率化したい方に向けて、今回はEC運営を効率化する自動出荷システムを3つご紹介します。特に、受注管理システム(OMS)と倉庫管理システム(WMS)が一体型となったシステムの利点に焦点を当てて解説します。

1. コマースロボ:RPA内蔵のEC自動出荷システム

コマースロボは、OMSとWMSが一体型となったRPA内蔵のEC自動出荷システムです。受注処理、在庫管理、出荷管理、発注管理(オプション)など、ECバックオフィス業務のほぼすべてを自動化し、一元管理することで、ミスを減らし、出荷までの時間を短縮します。

2. LOGILESS:効率的な在庫管理と出荷プロセス

LOGILESSは、在庫管理と出荷プロセスを効率化するシステムです。OMSとWMSが一体化しているため、受注から出荷までのプロセスがスムーズに連携し、作業の効率化が図れます。多チャネルでの販売を行うEC事業者にとって、在庫の一元管理は大きなメリットです。

3. TEMPOSTER:柔軟なカスタマイズが可能

TEMPOSTERは、EC事業者のニーズに合わせて柔軟にカスタマイズ可能な自動出荷システムです。OMSとWMSの統合により、受注から出荷までの一連の流れを効率的に管理でき、ビジネスの成長に合わせてシステムを拡張できます。

OMS・WMS一体型システムのメリット

OMSとWMSが一体型となることで、以下のメリットがあります。

  • 効率化: 受注から出荷までのプロセスが一元化され、作業の効率が大幅に向上します。
  • ミスの削減: 自動化により、人的ミスを減らすことが可能です。
  • 在庫管理の最適化: 在庫の過不足を防ぎ、需要に応じた適切な在庫管理が実現できます。
  • 柔軟な対応: ビジネスの拡大や変化に柔軟に対応できるシステム構築が可能です。

まとめ

EC事業の効率化を目指すには、OMSとWMSが一体型となった自動出荷システムの導入が鍵です。コマースロボ、LOGILESS、TEMPOSTERは、それぞれ異なる特徴を持ちながら、EC業務の効率化に大きく貢献します。自社のニーズに合ったシステムを選択することが重要です。

お問い合わせ

\ 詳細な資料やお問い合わせはこちらから /