AnyLogi
AnyLogi
ログインアカウント登録

© AnyMindGroup. All right reserved.

越境ECDec 19, 2023
Facebook IconTwitter IconLinkedin Icon

個人越境ECビジネスの現状と課題

個人越境ECビジネスの現状と課題

個人越境ECビジネスの実態

東南アジア・台湾で最大規模のEコマースプラットフォーム、Shopeeの日本法人、ショッピージャパン株式会社が行った実態調査によると、個人で輸出ビジネスを行っている人の約95%が、ビジネスを始める際に苦労した経験があることが明らかになりました。

調査結果のハイライト

  • 取り扱った製品/サービス:最も多かったのは「ブランド品」(63.6%)、次いで「食料品」(49.1%)、「アウトドア用品」(44.5%)。
  • 販売国:「米国」(51.8%)と「韓国」(50.9%)が最も多く、アジア地域も上位に。
  • 苦労した経験:「かなりある」(40.1%)と「ややある」(53.6%)で、合計93.7%が苦労を経験。
  • 苦労の内容:「ECモールでの販促やマーケティング」(58.3%)、越境ECサイトの構築(56.3%)、外国語での取引(52.4%)。

越境ECビジネスの課題

個人での越境ECビジネスを始める際、特にマーケティングやサイト構築、外国語での取引に苦労することが多いようです。また、後悔した点としても「ECモールでの販促やマーケティング」が最も多く挙げられており、これらの分野でのサポートが重要と考えられます。

ショッピージャパン株式会社の役割

Shopeeは、東南アジア・台湾で最大規模のEコマースプラットフォームです。企業のデジタル化支援やオンラインプレゼンスの強化、デジタルサービスへのアクセス促進、現地社会の活性化など、多方面と繋がるデジタルエコシステムを実現しています。Shopeeは、事業者がeコマースで成功するための支援に尽力しており、個人の越境ECビジネスにおいても重要な役割を果たしています。

まとめ

個人での越境ECビジネスは、多くの課題を抱えながらも、成長の可能性を秘めています。特にマーケティングやサイト構築、外国語対応などの分野でのサポートが必要とされており、Shopeeのようなプラットフォームが提供するサービスが、これらの課題を解決する鍵となるでしょう。

AnyLogiでは、海外配送自動化プラットフォーム「AnyLogi」の提供と越境EC支援を行っております。 AnyMind Groupの各拠点で培ったEC・マーケティングの知見を活用した運用支援だけでなく、商流や物流拠点の設計も含めてワンストップでブランドの海外展開を支援しております。

興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

参考リンク: ショッピージャパン株式会社による実態調査

お問い合わせ

\ 詳細な資料やお問い合わせはこちらから /