AnyLogi
AnyLogi
Sign InSign Up

© AnyMindGroup. All right reserved.

Cross-border E-commerceNov 22, 2023
Facebook IconTwitter IconLinkedin Icon

Understanding Volumetric Weight: A Key Concept for Cross-Border E-Commerce Entrepreneurs

Understanding Volumetric Weight: A Key Concept for Cross-Border E-Commerce Entrepreneurs

はじめに

今日は、海外配送の際に非常に重要な「容積重量」について、わかりやすく解説していきます。この概念を理解することは、効率的でコストを抑えた物流を実現するために不可欠です。

容積重量とは?

容積重量とは、荷物のサイズに基づいて計算される重量のことです。これは、実際の重量(実重量)とは異なり、荷物の大きさによって決まります。なぜこのような計算が必要かというと、輸送機関ではスペースが限られており、大きな荷物はその分多くのスペースを占めるためです。

計算方法

容積重量の計算方法は、[ 長さ(cm) × 幅(cm) × 高さ(cm) ÷ 基準値 ] で求められます。この基準値は輸送会社によって異なることが多いですが、一般的には6000が使われます。

容積重量と実重量

越境EC事業者として知っておくべき重要なポイントは、輸送コストは「実重量」と「容積重量」のうち、大きい方に基づいて計算されるということです。例えば、実重量が2kgでも、容積重量が3kgになる大きな荷物の場合、輸送コストは3kgとして計算されます。

なぜ重要なのか?

越境ECにおいて、商品の価格設定や送料の計算には、この容積重量の概念が直接影響します。特に大きな商品を扱う場合、容積重量によって送料が高くなる可能性があるため、商品の価格設定や送料の戦略を練る際には、この点を考慮する必要があります。

物流戦略への影響

容積重量を理解し、適切に計算することは、物流コストを最適化する上で非常に重要です。商品のパッケージングを工夫することで、容積重量を減らし、結果的に送料を抑えることが可能になります。

まとめ

越境EC事業者の皆さん、容積重量の概念は理解できましたか?この概念を押さえ、賢く物流戦略を立てることで、より効率的でコストパフォーマンスの高い越境ECビジネスを展開することができます。今日の情報が、皆さんのビジネスに役立つことを願っています!

Contact Us

Click here for more information and inquiries